初心者向けのSIMカード入門

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

SIMカードの仕組みとは

今世間で逸われ続けているSIMフリーとか、SIMカードとはいったい何なのでしょうか。まずはここから説明していきたいと思います。まず皆さんがお持ちの携帯電話には、持ち主を識別する為のSIMカードというものが入っています。そしてそのSIMカードは抜き差しする事が出来、携帯電話から抜いたSIMカードを別の携帯電話に差し込んで、自分の携帯電話として使うことが出来ます。つまり携帯電話を使う上で、自分自身の携帯番号やメールアドレス、電話帳データや電話契約プランといった情報のすべてが凝縮しているICチップがSIMカードなのです。かつて日本では携帯電話本体に契約者の契約情報を入れ込む方法がスタンダードでしたが、欧米ではすでに1995年くらいからSIMカードタイプの携帯電話が主流で、手元に電話がなくても、友達の携帯電話を借り、中のSIMカードを交換することで、自分自身の携帯として通話するのがごく当たり前の光景でした。それが2000年代に入り日本でも徐々に普及し出し、現在に至ります。ただ弊害もあり日本の場合は携帯キャリア間の携帯端末でしかSIMカードの入れ替えは事実上できず、他のキャリアの携帯でSIMカードの抜き差しはできませんでした。これをSIMロックといいます。日本の携帯電話にはこういった様々な制限があり、なかなか欧米式のSIMカード端末が入る余地もなく、灰汁まで日本人に合った日本向けの機能を充実させた独自に進化してきた端末が支持されてきたことから、SIMカードの導入の遅れがグローバルの波に乗り遅れた原因であるとも言われているのです。

SIMカードがフリーになる?

かつてガラケーだった頃の携帯電話というのは、同じキャリア間であれば、SIMカードを自分自身のSIMカードを差し込むことで、自分自身の携帯電話として使うことが出来ましたが、これはあくまで同じキャリアであることが大前提となっており、他のキャリア、つまり他の携帯電話会社の携帯ではそれらを行うことが出来ませんでした。しかし時代はガラケーからスマホの時代に変わり、これまで日本メーカーが独占してきた市場に海外の格安スマホが参入するようになってきます。また人の動きが年々グローバル化してきたことから、海外の携帯電話を日本国内で使用しようとする外国人も増加してきたことから、それまでは日本国内のキャリアが独占してきた携帯市場ではあるものの、海外のキャリアスマホを持った外国人たちも使えるようにしなくてはならない風潮が生まれ、徐々にSIMカードに対する制限を解除する動きが生まれました。つまり海外のSIMカードを持った外国人が、日本で売っている携帯端末を買ったとしても、使えなくては意味がありません。それを使えるようにするための通信制限緩和措置なのです。これがSIMロック解除と呼ばれる措置であり、解除された端末の事をSIMフリー端末と呼ぶようになったのです。これによって海外のSIMカードを持った外国人も、日本でしか購入できないスマホに自身のSIMカードを差し込めばこれまで通り使うことが出来ますし、日本人もSIMフリーになったことでキャリア制限なく、キャリア間の枠を超えて、希望する携帯端末を使うことができるようになったのです。SIMフリーは利用者側に大きなメリットのある制限解除措置である事がわかります。

始動するSIMロック解除

これまでSIMカードは一つのキャリアでしか利用することができませんでした。しかし我々はそれが当たり前だと思っていたものが、実はグローバル視点で見ると、まったく非常識な事であった事に気づかされます。確かに海外の携帯電話は、電気店などでSIMカードだけ購入し、携帯端末は複数人で共有するといった使い方が1990年代ではスタンダードな使い方でした。その原因として携帯端末自体が非常に高額であり、なかなか簡単に購入する事ができなかった事が原因として挙げられます。そのため、海外の携帯電話利用者の多くはSIMフリー端末である事が当たり前であり、最初から決められたキャリアでしか使えないSIMロックという日本式の携帯電話の常識があまりにナンセンスに映ったことでしょうし、そこに気づいた人達が動かした今のSIMロック解除の動きは、逆に言えば日本人が海外へ行き、日本のキャリアのSIMカードが使えない国だったとしても、現地でSIMカードを購入し今持っているSIMロックの解除されたスマホに差し込むことで現地でも携帯電話として利用することが出来るのです。SIMロックの解除とはこういったキャリアの垣根を超え使えるという非常に大きなメリットがあります。SIMロックの解除によって、これまでSIMカードという媒体に興味のなかった日本人たちも、少しずつSIIMカードに興味を持ち出し、如何にしてスマホ料金で得するかを真剣に考えるようになってきました。今後、SIMロック解除端末が続々とリリースされていく事が予想されますが、それに比例して格安SIMカードも登場してくるでしょうし、益々ユーザーの利便性が高まっていく事が予想されます。

海外の端末で使えるSIMカード

日本の携帯電話会社のSIMカードも機器によっては海外の端末で使うことが出来ます。別に日本メーカーの端末で使えばいいじゃないかという意見もありますが、実は日本で売られているスマホと海外で売られているスマホは、販売価格に大きな差がある事をご存知でしょうか。特に中古市場においてはiPhoneやXperiaなどの端末は非常に安価に手に入れる事ができます。日本の場合だとどうしても新品至上主義的な価値観が市場を支配していますので、なかなか中古スマホに対する抵抗がぬぐえなかったりもするわけですが、日本で新品スマホを買うよりも海外で同じものを買った方が、状態もそこそこ良いものを安く手に入れる事が出来ます。特に新品スマホや中古スマホが集中的に集まっている地域が香港やバンコクと言われており、これらの地域では非常に良質な中古スマホを日本で買う以上に格安で購入する事ができます。ただ動作確認は保証できませんので、自己責任的なところもあったりしますが、ネットなどを見てみると日本のキャリアのSIMカードで使えるスマホ端末やタブレット端末があったりと、工夫次第ではかなりお得に通信をすることができるような情報がたくさん載っていますし、自分自身であれこれ試しながらやってみるのも面白いかもしれません。特にファーウェイやLGといったメーカーのスマホやタブレットは、かなり日本キャリアSIMカードとの互換性があるようですので、使い方によってはかなり端末代を圧縮できる可能性があります。

使えない端末がある事も知る

基本的に海外製のスマートフォンやタブレットの多くはSIMフリーである事が前提に作られていますので、日本のキャリアSIMカードが入らないわけがありません。しかし動作確認に関してはかなり慎重になる必要があります。つまり日本のキャリアSIMカードを差し込んでも、十分に機能しない場合があるのです。良くあるトラブルとして、言語機能が対応していない問題です。一時期日本でも販売されていたWindows phoneは今ではすっかりアンドロイドとIOSに押されてしまい、姿を完全に消しました。そして日本国内では普通に手に入れる事も出来なくなった幻の機器となりました。しかし日本ではまったく見向きもされなかったWindows phoneも一部の国では圧倒的なシェアを現在でも維持しており、そういった国では簡単に手に入れる事が出来ます。Windows phoneの場合、もし日本国内で買おうと思うと、香港やフランスあたりからの輸入品になってしまう訳ですが、これらの国仕様のスマホに日本のキャリアSIMカードを差し込んでも使えるには使えますが、如何せん表示が英語やポルトガル語、中国語くらいしか選択肢がなく日本語表記はデフォルト設定されっていない場合があります。従って日本のSIMカードを入れて使えない事もないが、完全な状態ではなく不完全な状態でかろうじて使用できるといった感じで、SIMカードの入れ替えを頻繁に行い、いろいろなスマホでトライしていくと、スマホの限界と許容のなさを感じる事もあります。

キャリアでSIMフリーにする

もし貴方のスマートフォンがSIMロックがかかっているタイプなのであれば、携帯キャリアへ持ち込むことで簡単にSIMロックを解除することができます。但しSIMフリーにするには多少の手数料が掛かる場合がありますが、それされクリアできればSIMロックを解除しフリーの端末にできます。SIMロックの解除がどのような効果を生み出すかというと、単純にこれまで使っていたスマートフォンの市場価値が高ければ、高額で売ることが出来ます。結局SIMフリーになると、今まで使っていたスマホもSIMカードを抜いてしまえば自分自身の情報が一切残りませんので、そのまま第三者が使っても以前の所有者の情報は残らずに安全に使うことができます。従ってこれまで使っていたスマホをオークションなどに持ち込み売れば、きっと高額で落札されるでしょう。そして落札された代金でまたSIMフリー端末を格安で購入し使えば、これまでとは比にならないくらいお得にスマホを使うことができます。このようにSIMカードひとつから派生したいろいろな利便性が今の世の中には多くあり、この利便性を享受できるかどうかは、通信機器を使っている人がどれだけ情報に精通しているかによります。SIMカードはガラケー時代から内蔵されていた小さなICチップではありますが、今はSIMカードの存在価値が非常に高まってきており、またこれほどまでに様々な機能を生み続けているということは、今後もさらに新しい携帯機能を生み出すきっかけを作ってくれる可能性があるのです。

PAGE TOP