格安SIMカードの活用方法

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

SIMカードをガラケーに挿す

ここでは格安SIMカードに秘められた可能性を調べるため、格安SIMカードを使ってあれこれやってみたいと思いますが、まず最初に格安SIMカードをガラケーに挿しこんでみたいと思います。ご存知のようにSIMカード自体はもともとガラケーに挿しこまれていたものですし、当然電話番号も与えられています。ガラケーに挿しこまれるSIMカードがキャリアのSIMカードなのか、格安SIMなのかの違いくらいで、格安SIMカードをガラケーに挿しこんで使えない訳がないのです。それを実験してみたいと思いますが、実際にやってみると意外な結果が判明しました。まず格安SIMカードをガラケーに挿しこんでも音声通話しかできないということです。つまりネットやメールをすることは出来ないのです。その理由としてスマホにはデフォルトでGPS機能が付いていますが、ガラケーにはそれが付いていません。またそれがないことで位置情報の特定ができないため、ネットのポータルサイトが正常に働かないのです。さらに日本製のガラケーの殆どがSIMロックされたままの端末であるため、SIMロックを解除しないと使うことができません。そのためスマホで当たり前に使っている機能は全く使えないということになりますが、言い換えたら音声通話が出来るのであれば、最低限通話専用電話として使うことは出来るでしょうし、仕事用の電話機として活用する事は出来そうです。しかしそれ以上の機能がありませんので残念ながらスマホのような活用は難しいように思います。

海外でSIMカードを買ってみる

もし海外へ旅行へ行った際に即時に携帯サービスを使おうと思ったら、現地でも使うことの出来るSIMカード、つまり国際ローミング対応のSIMカードを入れておく必要があります。この国際ローミング対応のSIMカードは一部のキャリアの中では既に購入時にデフォルト設定されているものもあるようですが、すべてのキャリアSIMカードがそのような設定になっていないところもあります。そういった場合は現地で国際ローミング対応のSIMカードを買う必要があります。この国際ローミング対応の携帯電話で最大手となるのが、米国資本のGSMが発行しているSIMカード、ワールドSIMカードと呼ばれるカードです。これは日本のキャリアのように月額基本料がかかるものではなく、月額基本料金の定義は最初からありません。そしてほぼ全世界で利用することができ、またプリペイド携帯のようなチャージが必要ありません。また日本のキャリアSIMカードの場合、海外で使うとなると国際ローミングの費用が通信料と別口で発生しますので、結果的に海外でネットを使う場合、費用が割高になります。しかしこれは最初から海外専用のSIMカードとなっているため、日本のSIMカードをローミングで使う場合に比べ、データ通信で最大半額程度で利用することが可能です。こんなお得なSIMカードはそうそうないでしょう。しかしこのSIMカードはわざわざ海外へ出向いて購入しなくても、日本でも購入する事が出来、今持っているスマホに差し込めばそのまま国際SIMカードとして利用することが出来ます。但しワールドSIMカードの料金精算はクレジットカードが基本で、利用にはカード登録が必要ですので、カードがない方は申込ができません。

家でWi-Fi外で格安SIMカード

スマホにとってSIMカードは命とも言うべき情報記憶媒体です。つまりSIMカードがないとスマホは動きません。しかしそれは外での話であって、自宅の中でデータ通信専用端末として使うのであれば、Wi-Fiの電波さえ受信できれば屋内に居ながらにして外で使うように、スマホやタブレットを利用することができます。これがWi-Fiと呼ばれる電波の受信方法です。もしあなたのスマホの毎月の支払額が高額で頭を悩ませているのであれば、いっそのこと自宅にWi-Fiルーターを置いてみては如何でしょう。外ではSIMカードでデータ通信を楽しみ、自宅ではWi-Fiを受信してネットを使えば、事実上自宅ではデータ通信の使い放題になるため、費用は発生しませんし毎月の携帯代金の大幅な節約になります。この自宅にWi-Fiを飛ばすという方法は、携帯代金節約術の基本中の基本なわけですが、案外知らない人も多くいますし、毎月の携帯代金が高い高いとぼやいているだけの人も数多くいます。そんな人こそ、是非お試しいただきたいのがこのWi-Fiルーターの設置なのです。Wi-Fiルーターは既に自宅に光ケーブルや、ネット回線が引かれてあれば誰でも簡単にモデムに取り付けすることが出来ます。Wi-Fiルーターの金額は安いもので4千円程度から高くても8千円くらいで購入できますし、1台で最大10台程度のスマホのデータ通信を受けることができますので、家族全員が自宅にいる間はSIMカードを使ったキャリアのデータ通信を利用するのではなく、Wi-Fiルーターを利用することで、大幅に携帯代金を節約することが出来るでしょう。

ノートPCで使えるSIMカード

ノートPCで屋外で仕事をしている人を見かけると、非常に意識の高いビジネスマンに見えますが、彼らはただPCを開いて仕事をしているだけで、実際に作成した書面の送受信や、簡単なウェブブラウジングをしたい時には、スマホで検索するか、またはスマホでテザリングをして使うかいずれかの方法しかありません。公衆無線LANを受信できるところなら良いですが、そんな場所は空港や駅くらいしかありませんし、いつでも公衆無線LANを受信出来るところにいるとも限りません。そこで格安SIMカードをそのままノートPCに差し込んで使うことが出来るPCがあるのをご存知でしょうか。それがマイクロソフトから出ているsurfaceなのです。Surfaceの凄いところは、ノートPCでありながらそのままタブレットにもなる2㏌1と呼ばれるタイプのノートPCであり、ウェブブラウジングの為にスマホを取りだす必要もありませんし、既にSIMカードが入っていますので、テザリングの必要もありません。つまりいつでもどこでも書類作成しメール送信ができますし、ちょっとした調べものや、スカイプのような音声通話で会議をすることもできます。そして機動的に操作できるsurfaceに入れるSIMカードを格安SIMにするのです。そうすることでキャリアのような月額基本料がないため、あくまでデータ通信費用だけが請求されますので格安でネット利用することができます。意外とsurfaceの利便性と機動性が世間で認知されていないのが非常に残念ではありますが、もし外で文字を打つ機会が多いようであれば、機動性に優れたsurfaceを検討されてみてはいかがでしょうか。

昔のスマホで使えるSIMカード

格安SIMカードを買ってきたら、端末も買わなくては意味がありません。しかもその端末もいくら安い端末とは言っても、1台1万円以上はする代物ですから、経済的に負担といったら負担かもしれません。そこで活用したいのが過去に使っていたスマホに格安SIMカードを差し込んで使うという方法です。例えば機種変更などで使わなくなったスマホが、押し入れに眠っているのであれば、そのスマホに買ってきた格安SIMカードを差し込んで使える場合があります。但しその場合は既に設定されているキャリアのSIMロックを解除してもらわないと利用することができませんので、使う場合はキャリアのショップ等へ持ち込んで設定されているSIMロックを解除し、SIMフリー端末にする必要があります。それが完了しないと、格安SIMカードを買ってきたとしても、利用することができません。過去に使っていたスマホとなると現行のモデルと比較して少々スペックは落ちるかもしれませんが、そこさえ受け入れてしまえば、何ら不便なく利用することが出来るはずです。実際にスマホをたくさん集めている人や、転売を目的にしているスマホユーザーの中にはこういった使い方で、お得に携帯料金を節約しているユーザーもおり、あえてキャリアとの契約を選択しないというスタイルが昨今の流行のようになってきています。格安SIMカードは使い方によって、徹底的にコストを下げる事の出来る道具ですから、よく考えて工夫しながら使っていく事が重要です。

格安タブレットでも使える

格安スマホに格安SIMカードを指し込んで使えるのであれば、原理としては一緒ですから、格安SIMカードを格安タブレットに差し込んで使うことも可能です。最近の格安タブレットは、オプションでブルートゥースキーボードを付けることができますし、もしスペック的に問題ないのであれば、わざわざsurfaceを買って使うことはないのです。Surfaceは1台10万前後しますし、キーボードを付ければそれだけで11万円程度までコストは上がります。しかし格安の中国メーカーのタブレットにオフィスをアプリでインストールし、更にキーボードを付ければ最安値で、5万円台から2in1として使うことができます。また最悪キーボードを付けなければファーウェイやLGなどのタブレットが2万円台から手に入れる事ができます。こういった格安タブレットはスペックこそ2G前後と決して高スペックではないわけですが、最低限の調べものや動画を見たりする程度のことはできます。より良いものを求めない、壊れても良いという事であればこういった格安タブレットの利用をおススメします。中に入れる格安SIMカードも仮に壊れたとしても、すぐに抜き別なタブレットに差し込むことでこれまで通りに利用することが出来ます。格安SIMカードを入れる端末は別にスマホだけに限りません。格安タブレットには大量データ通信には少々難ありのタブレットもありますが、これらも月間の通信量が2G程度であれば十分耐えうる端末です。特に価格の高い端末にこだわりがなければ、こういった端末でも十分機能します。

PAGE TOP